読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

メキシカン・キャンディ

今回は内容をガラっと変えて、メキシコの飴についてご紹介。

何故メキシコ?というと、現在勤めている会社のメキシコ人プログラマーの方から頂いたから。

正直言ってねぇ、衝撃を受けたよ、ええ。

はい、まずパッケージ。

 

f:id:nnnnotfound:20120517100942j:plain

 

何か、柄にすでに何か付着している。なんか恐いぞこれ!!

で、中身。

 

f:id:nnnnotfound:20120517144612j:plain

 

す…すごすぎる…まぁお世辞にも良いとは言えないですね。

ルックスから味が想像できません。ちなみにこれはマンゴー味らしい。

ほんとかよ。

 

なぜこんなにも赤黒いのかと言うとチリパウダーがまぶされているからなんだな。

メキシコではこれがデフォルトらしいです。キャンディにはチリパウダー。

一体何故なのか…。

 

そしてにおい。

なんだか酸っぱいにおいがする。チリ臭が強すぎるのだな。

ああ怖すぎる、このルックス、このチリ臭。

 

で、肝心の味は。

 

表面にたっぷりかかったチリパウダーが意外なほど辛い。

”舌にぴりっと”などという可愛らしい辛味でなく、”ああ辛いな!”と実感するような辛さ。まぁパウダーが直についてるから当たり前といえばそうなんだけど。

 

なめ進めると表面のパウダーが取れていくのですが、中の飴自体にもチリパウダーが練り込まれ、最後の最後まで辛みがつづきます。

そして辛さの中にほんのりとマンゴーの甘みと風味が鼻に抜けていく感じが。

 

チリの辛味とどこからともなくやってくる酸味とマンゴーの甘みが複雑に入り交じった、何とも形容しがたい複雑な味。

 

しかし、意外とうまい気がする。

最後の最後までちゃんと頂きました。

 

癖になる味というか、今までにない味なんだよなー。

日本では絶対に遭遇し得ないテイストで、かなりかなりパンチが効いてます。

それに日本では売ってないらしいからなぁ(メキシコ人社員の方は個人的に家族に送ってもらったとのこと)。

 

今、また食べられるなら食べてみたいなぁとさえ思っている。

ということで売ってるところを見たら教えてください。