読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

渋谷の映画館【ヒューマントラストシネマ渋谷】がどんな所か勝手に紹介します

映画館紹介第五弾。

 

すごく久しぶりに映画館紹介をば。

ヒューマントラストシネマ渋谷」を勝手にご紹介。

 

1.立地

JR渋谷駅東口から宮下公園へ向かい、徒歩5~6分というところでしょうか。

ココチビルの7F/8Fです(受付は8Fにあります)。

 

このビル、立地的にはけっこう良い場所にあるけれど、テナントが入ってなかったり、改修工事中の所があってややさびれ気味で寂しい雰囲気。

また上階への導線が分かりづらい。

上階行きのエスカレーターが二つ並んでいるのだけれど、左は2階止まり、右は3階へ直通。私はいつも右のエスカレーターで3階まで上り、その右奥にあるエレベーターで受付まで向かいます。

 

2.雰囲気

ロビーや通路は照明が暗めであまり明るい感じではありません(別に暗いというほどでもないですが)。

床や備え付けられているカウンターが板で出来ているのと、打ちっぱなしの壁がちょっと他の映画館とは違った印象を持たせています。

受付の人たちも悪い印象は持たない程度に事務的です。

 

3.設備

館内はあまり広くはありません。

イスは有楽町にある同系列の映画館の方が良いような気がします。

前席との開き具合は165cm前後の人で丁度良いくらいではないでしょうか。

 

トイレも激せまです(綺麗です)。

ドリンクなどはアルコールの用意もあって大人向けです。

 

3.客層

客層は20~40代が多いと思います。男女は半々で一人客も多いです。

また渋谷とあって他の地域に比べ外国人の方なども多い印象ですね(六本木の方が多いですが)。

 

4.作品ラインナップの傾向

上映作品の傾向はハードな作品やでストイックなものが多いです。

また近年では未公開作品やマイナーなホラー作品なども特集を組んで精力的に上映しています(『未体験ゾーンの映画』、『ミッドナイトマッドネス』など)。

 

以前はそれほど珍しい作品を上映しているイメージはなかったのですが、最近はずいぶんと精力的に面白くマイナーな作品を発掘しているような印象を持っています。

今後ますます期待できそうな映画館ですね。

 

ヒューマントラストシネマ渋谷