読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2015年07月に観た映画(やっぱりまだまだマッドマックス)

いんやー、もう、暑くて暑くてやってられませんですね。

映画を観に行く気にもならない。

けれどそんな中、わざわざ観てきた映画は以下の通りです。

【劇場】

 

【TV/DVD】

 

計17本

こんな感じです。

 

いや、しかしそんなことよりも。

マッドマックス』はあと何回劇場で観れるのか?

 

今はもう、それしか考えられない。

取りあえず6月は5回観ました。

7月も5回観ました。

それでもまだ観たい。

 

マッドマックス』は【観るドラッグ】とはよく言ったもので、本当にスクリーンから何がしかの快楽物質が出ているとしか思えないような中毒性がありますね。

そして見終わった後の多幸感と全能感は今まで味わったことのないヴァルハラです。

そう、その感動、もといヴァルハラ感がそのまま継続してくれるのなら問題はありません。

 

し・か・し、です。

 

そこがまさにマッドな仕様と言うべきか。

2日も経たないうちに、またふつふつと沸き起こる言いようのない飢餓感と焦燥感。

「あれ、何だかもう一回観たい」と、そわそわが止まりません。

これぞ薬の効果が切れた薬物患者と等しい状態と言って良いのでしょう。

それかアルコールの切れたアル中患者でしょうか。

アル中の方がまだ自分の現状に近い感じがしなくもない。

そんなこたぁどっちでもいいが。

 

そしてこんなにもスゴイ映画がいま映画館に行けば観れる!というにも関わらず、それでもまだ観に行かない人がいるということがもう私には信じられません。

いや、もうマジで正気ですか?

って思いますわな。

あぁ信じられない。

そしてTOHOシネマズ系列ももう殆どマッドマックスの上映を切っているのもホント信じられない。

一体全体、バカなのか?

 

まったく県外からも多くのマッドファンを呼び寄せる立川シネマシティを見習って欲しいものですね。

仕方がないからまた立川へ行くことにしますよ。

そんな7月でした。

 

そして今、地獄の8月が始まらんとしている。

そんな地獄を振り払うかのように爽やかに変貌したマッドメンバーの様子をご覧に入れながらお別れしたいと思います(2015年カンヌでのマッドマックスconference)。


MAD MAX -conference- (en) Cannes 2015 - YouTube

ではまた。