変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2015年11月に観た映画

今年も残り1ヶ月ですね。

年末の浮き足だった雰囲気が大好きなのでこの感じが永遠に続いてくれればいいのに、と願って止みません。

そんな感じで観ていた映画は以下です。

 

【劇場】

  • WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT
  • スペクター 007

計2本

 

【DVD】

計9本

 

劇場はさておき、DVD作品のラインナップが見事にホラー作品になってしまいました。

途中『バグダッド・カフェ』が入っていますが、ホラー映画ばかり借りているとレンタルショップの店員に気持ち悪がられるような気がしたのでカモフラージュ的に入れてみました。
非常に浮いてしまいましたね。

一応、Amazon Prime会員なのでamazonで映画も観れるんですけど、「DVDを借りる」という行為自体が好きなので、どうにも○sutayaに足が向いてしまうんです。

ちなみに『ハロウィン』はロブ・ゾンビ版です。
本当はジョン・カーペンター版を借りたかったのですが、なんとレンタルショップにはロブ・ゾンビ版しか置いてなかったのです。
なんてこった。
でも意外と面白かったのでこれはこれで良かったのかもしれない。
こういうアクシデントがレンタルDVDの良いところですね。

特にマイケル役のダエグ・フェアーク君が非常に陰鬱でなかなかイイ表情をしています。

f:id:nnnnotfound:20151130185216j:plain

(2007年のダエグ君。「全世界が敵」とでも言いたげな表情。)


Rob Zombie Halloween trailer - YouTube

 

そして何故こんなにもホラーなのかと言えば、『悪魔のいけにえ』が日本公開40周年ということで、なんとリマスターされたんですね。

ikenie40.com

まったくエライことです。

しかし、今観てもスゴイ映画だなぁ。
個人的にはレザーフェイスが最初に出て来て去っていくあの一連のシーンが一番好きかもしれません。
鉄の扉を、まるで障子を閉めるかのごとく「スパーン!」と閉じて去っていくところは爽快感すらあり、毎回笑ってしまうんですね。
そして、そのレザーフェイスを演じていたガンナー・ハンセンさんが11月7日にご逝去されました。
残念です。
ということで、哀悼の意をこめてホラー月間にしてみたわけです。

 

あと、『クリープショー』がとっても面白かったかなぁと。

高橋ヨシキさんがおすすめしていたので観てみました。

こちらは本家の『ゾンビ』で有名なジョージ・A・ロメロ監督作品です。

ロメロといったらゾンビしか思いつかなかったのですが、このようなオムニバス形式のホラー作品も抜群。

 

あと『ザ・フライ』『ハロウィン(カーペンター版)』をようやく借りてきたところなので、それは来月に持ち越しです。

 

ではまた(新作映画には触れないで終わる)。