読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2016年3月に観た映画

3月は、割と少なめになりました。

良かったなぁ。

 

【劇場】

  • オデッセイ(2回目)
  • コードネームU.N.C.L.E.
  • キングスマン(2回目)
  • あやつり糸の世界
  • ヘイトフル・エイト
  • ロブスター
  • ハッピーアワー

計7本

 

【DVD】

計9本

 

と、こんな感じでした。2回目の鑑賞が多め。

 

しかしまぁ、2回目でも『オデッセイ』はやっぱり面白くて、そして劇場鑑賞後すぐにオデッセイのパラレルワールドこと『インターステラー』を見直しましたね!
オデッセイ直後に観るとあら不思議!違う意味で面白い!
マット・デイモンがここでもまた同じようなセリフ言ってらっしゃるわな!
着ている宇宙服のカラーバリエーションもマットだけ同じやで!
やはり君は面白い(確信)。

ジェシカ・チャステインはどっちもイイ役。


映画「オデッセイ」予告Z

 

あとは『あやつり糸の世界』もずいぶんと面白かったです。
マトリックス』は『攻殻機動隊』リスペクトとは言いつつも、絶対ここからも着想を得てただろうなと、電話ボックスシーンで思いましたね。
ヘッドギアのシーンとか。

これはもともとTV用に撮影された作品らしいですけど、こんなドラマ放送する国ってどうよ(かっけーな!)。
気になる方はどうにかして見て下さい。
レンタルにはなさそうです。


ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督 『あやつり糸の世界』予告編

 

そして忘れてはならない『ヘイトフル・エイト』。
これもむちゃくちゃ可笑しかったです。
いい話みたいな雰囲気で終わらせようとしてますが、絶望的な気持ちになりますね!どうなんでしょう!
タランティーノは『イット・フォローズ』を観て「これは女性嫌悪の映画だね」と発言して監督のデヴィッド・ロバート・ミッチェルに「違うよ」と言い返されてましたが、今度はタランティーノ本人が評論家や観客から「女性嫌悪的な映画やん」って突っ込まれてブーメラン帰ってきた感がありますな!愉快!

しかしながら、デイジー役のジェニファー・ジェイソン・リーが凄すぎて笑わずにはいられないのです。
下品で口汚くて喧しくてかわいいです。
タランティーノ作品の中で唯一ときめきを感じました。
一番好きなキャラクターかも知れない。
しかしながら今さら予告を見直してふと思ったけれど、これ密室ミステリでもなんでもないんだが。
そこは重要じゃねぇ!
なんだかなー、という感じ。


映画『ヘイトフル・エイト』予告編

 

 

そしてね、前々から観ないとなーと思っていた『ナポレオン・ダイナマイト』をようやく観ました。
もうね、サイコーだよ!!!!!!!!
このカタルシスたるや、笑いと感動で胸がいっぱいになるクライマックス。
それまでの9割オフビートな日常がラストに向けて効いてきますね。
爽やか。
晴れやか。
なんて清々しい作品なんだろうか。
痛々しい青春でいいじゃない。
ダサくてもキモくても取り柄がないと思っていても、やれることがあるんだぞと。
打たれました。
観て良かった。


Napoleon Dynamite Trailer

 

そのような感じで、4月はちょっとまた映画を観に行こうかと思います。

とりあえず恵比寿ガーデンシネマの特集上映を主に攻めていこうかと。

ではまた。