読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2016年4月に観た映画

映画

GW中でうっかり更新を忘れましたね。
休み過ぎて頭がぼんやりしながら書き留めた、4月に観た映画は以下の通りです。


【劇場/新作】

  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
  • ちはやふる 上の句
  • スポットライト 世紀のスクープ
  • ミラクル・ニール!
  • Bite the Dust/バイツァ・ダスト
  • ハロルドが笑う その日まで

6本

 

【劇場/旧作】

6本

【DVD/動画配信】

3本


の、計15本。


旧作が多い。
我ながら4月は充実したラインナップになったなぁ。


劇場での旧作は全て恵比寿ガーデンシネマで観ました。
ガーデンシネマは旧作に力を入れているのか、デジタルリマスター上映が続いておりまして、非常に宜しい感じですね。
質良い環境で質の良い作品が観れるという贅沢さはまさに至高。
ソファのクッション具合や足元・手元の広さなど、鑑賞環境は自分が知る限り都内でも最高レベルです。
さすが恵比寿、金が掛かってる。

そしてその中でも特に『バベットの晩餐会』は観る機会があるのならば、是非観て貰いたい作品。
品性や本当の豊かさとは、ということについて深く感じ入ることの出来る作品でした。
慎ましく、うつくしく、幸福感で胸が満たされる感覚。
こういう作品に出会えると、「あー、映画観た」って感じになりますね。


第60回アカデミー賞外国語映画賞受賞作!映画『バベットの晩餐会』予告編


あとは『Bite the Dust/バイツァ・ダスト』というロシアのSFコメディ映画がとんでもなく面白かった。


Bite the Dust 予告編


予告観ただけでも面白そうでしょう。
そうなんです、面白いんです。
しかし残念ながらDVDは出ていなーい。
上映も1日きりで、非常に貴重な機会だったようです。
ラッキーでした。
こちらの映画も観ることが出来るタイミングがあれば是非観た方が良いかと思われます。

ロシアというだけあって、ちょっとタルコフスキー的だな、という見せ方などがあり、また映画ネタがふんだんに入っているので想像しているよりも笑えますし。

 

まぁ取りあえずこんな感じでしょうか。
5月も旧作を色々観たいなと思っております。

ではまた。