読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2016年12月に観た映画25本

映画
2017年になってしまいましたね。
何だかんだで去年は良い映画をたくさん観れておおむね満足でした。
12月もいつも以上に多くの映画を観れましたし。
何故かローグワンでドニー・イェンにはまってびっくりもしました。
ほんとうに、何故いま…しかし楽しくて良い。
そんなこんなで去年12月に観た映画は以下の通りです。

 

【劇場/新作】

  • この世界の片隅に
  • 母の残像
  • 胸騒ぎのシチリア
  • ローグワン
  • 灼熱
  • ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
  • 映画よ、さようなら
  • シアター・プノンペン
  • バイオハザード ザ・ファイナル
  • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
  • ドント・ブリーズ
  • エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
13本
 

【劇場/リバイバル】

3本
 

【DVD/配信】

9本
 
計25本
 
自分的にはめっちゃ多い。
そして良い映画観たな!という感じです。
しかしながら本数が多いので全作品については触れられないから好きなヤツだけ(結局いつも通り)。
 
『母の残像』
イザベル・ユペール出演作ですよ。
助演ですが、存在感と貫禄たっぷりです。
ほぼノーメイクなのも潔い。
主演のジェシー・アイゼンバーグはあまり好きじゃなかったんですが、『エージェント・ウルトラ』を観てから好きになりました。
それでもジェシー・アイゼンバーグと親子ってどうなのかなぁと思いましたが、想像以上に親子に説得力ありました。
似てるよ!!
つくしく切ない映画でありながら、静かな力強さがありました。
好き。
 
『灼熱』
これも映像がむちゃくちゃ綺麗だった。
ロケーションもスゴイ。
歴史認識がないとむずかしいニュアンスもあるけれど、こういう映画は観る価値があると感じます。
作品としても面白いけれど、知識として知っておいた方がイイとも思うので、これは観れる機会があるなら観ておいた方がイイと思う。
 
『ローグワン』
3回ほど観ました。
1月もあと2回観る予定です。
 
 
これは話がどうこうよりも、ドニー・イェンが最の高ってやつですよ!!
ドニー好きさんから言わせると、「全力出してない」感がスゴイらしいですね。
なのでドニさん作品を怒濤のように観させていただきました。
超カッコイイ。
むしろ何故いままでこの人に気づかなかったのだろうと不思議なくらいです。
中国系アクターではジェット・リーがめっちゃ好きだったのですが、それをふと思い出しつつもそれ以上に好きになりました。
観れば観るほど好きになりますね。
あぶねぇな!
でもしばらくドニードニー言ってるかと思います。
最後に、ドニー・イェンが最高なアクション動画を置いておきます。
ぜひ一度観ていただきたい。


Donnie Yen Tribute HD

 

ではまた!