変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2018年4月に観た映画4本

4月はね、

 

の新作4本のみでした。

通常の半分以下で運営しております。

しんどー。

 

ということで、簡単な感想くらいは残そう。

 

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

『ブレック・ファスト・クラブ』と比較されていると耳にしていましたが、確かに導入部分や登場人物の関係性の変化をみると、確かにそんな感じ。

しかしそれ以上に清々しい気持ちになれる映画でした。

何と言ってもドウェイン・ジョンソンのキメ顔に効果音つけたやつ、エライぞ。

ようやった。

 

ワンダーストラック

とにかく70年代の街並みを完全再現したセットは異常なくらい凄かった。

ドアガラスの傷ひとつ取っても、道に落ちているチリひとつ取っても計算しつくしている。

計算されたゴミって一体なんなんだ。

なんかもう、病的だなと思えるくらい緻密。

そして緻密といったらジオラマもとんでもねぇのね。

やはり、普通じゃないこだわり方で、良き。

あとね、ジュリアン・ムーアはいつ観てもいいよねぇ。

 

パシフィック・リム アップライジング』

前作の良いところが全てなかったことにされてて、観ててつらい。

まぁその無茶な感じが良い、という人もいるでしょうけどね。

しかし別物を見ているとしか思えなかった。

「ド派手なことヤローぜ!」という意気込みは感じたが、ロボや怪獣に対しての愛があるかと言えば、それはどうなんでしょうね。

デルトロはそれらに対する異常な偏愛ぶりが垣間見得て「それそれー!」となるんだけれど、なかなか今回の作品はロボや怪獣に対する「愛」という共通言語がなかったように感じました。

「お前の言うてることはわからん」と、心の中で叫びました。

まぁ、デルトロさんは本作を断念して『シェイプ~』を作ってくれて良かったなと。

今はそれだけです。

 

『レディ・プレイヤー1』

絶賛の嵐なので心して観た。

まぁやっぱおもろいっすよね。

映画館で観るのが良い。

でもこんなにもド派手で景気の良い作品にも関わらず、記憶に残っているのはマーク・ライランスサイモン・ペッグのちょっとしたやり取りです。

もうね、彼らの表情のひとつひとつが記憶に刻み込まれる。

スピルバーグさんはマーク・ライランスめっちゃ好きなんだろね。信頼してるよね。

イイ!!

 

てな感じで、もう5月も半ばです。

今月は、まだ映画観てないんすよ。

あーあ。

 

ではまた。