読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

旅行嫌いが海外へ行ってライブを観に行こうとする話 ~ それぞれの国の治安を調べよう:アメリカ編 ~

はい、引続き調べてます。飽きもせず。

妄想が楽しい。

 

で、今回はツアー場所の治安は一体どうなのか、ということ。

KASABIANがツアーで行く国は

  • アメリカ
  • カナダ
  • ドイツ
  • イタリア
  • スイス
  • オランダ
  • フランス
  • ベルギー
  • UK

の計9カ国。

けっこーあるっす。

先ずはアメリカ。

アメリカと一言でいっても広いからなぁ…

ツアーでは

  1. Boston
  2. New York
  3. Washington
  4. Chicago
  5. Seattle
  6. Oakland
  7. Los Angeles
  8. San Diego

の8都市を回ります。

そんじゃいきますかー。

 

Boston / 治安の良さ(推定):65%

ボストンは米国の他の主要都市と比べると比較的治安が良いと言われており、特定の犯罪多発地域を除けば、日常の生活・滞在の中で危険を身近に感じることはほとんどありません。しかしながら不特定多数の人が集まる空港、駅、ホテル、レストラン等では窃盗、ひったくり、車上荒らし、自動車盗難事件等も発生しており、邦人被害も多数報告されています。

引用:海外旅行 都市別安全情報|OTOA [ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]

 

New York / 治安の良さ(推定):45%

ニューヨークでは、ここ数年犯罪件数は減少してきてはいるものの、依然犯罪発生件数は多く(東京のおよそ20倍)、殺人事件等の重大犯罪も発生していますので、注意が必要です。

引用:海外旅行 都市別安全情報|OTOA [ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]

 

Washington / 治安の良さ(推定):55%

ワシントンD.C.は、アメリカの首都であることから犯罪と無関係な安全な都市のイメージが定着していますが、人口10万人当たりの犯罪発生率からみれば、全米で最も犯罪の多い都市の一つです。特に、キャピトル・ヒル以南のワシントンD.C.南東(SE)地区は特に危険な地域となっています。

引用:海外旅行 都市別安全情報|OTOA [ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]

 

Chicago / 治安の良さ(推定):55%

シカゴ市警が発表した2012年の犯罪統計によれば、シカゴ市における主要な犯罪の総発生件数は約78、000件に上り、前年と比較して約9%減少したものの、引き続き高水準となっています。このうち、殺人事件の発生件数は513件で、前年比約15%も増加しております。シカゴ市では犯罪の発生件数は3年連続で減少しましたが、日本の犯罪発生率と比較すると、依然としてかなりの高水準を維持しており、決して楽観視はできません。

引用:外務省 海外安全ホームページ|安全の手引き 在シカゴ日本国総領事館

 

Seattle / 治安の良さ(推定):65%

 シアトル市は治安の良い街として知られていますが、あくまで「米国内では」という条件がつきます。発生件数及び人口からみると、2011年の統計上では、1,000人中約60人が何らかの犯罪被害に遭っている計算になります。また、同市内で、1日当たり平均約100件の犯罪、18件の侵入窃盗、約4件の強盗がそれぞれ発生していることとなります。「治安が良い」とは言っても、日本の治安状況とは比較にならないほど悪いという認識が必要です。

引用:Consulate-General of Japan in Seattle

 

Oakland / 治安の良さ(推定):15%

サンフランシスコから湾を隔てた対岸に位置するカリフォルニア州ベイエリアのオークランド。犯罪率が非常に高く、アメリカで最も治安の悪い都市の一つとされており、米国内ではいまだに「ワイルドウエスト」(西部の辺境地)なんて呼ばれることもある。

引用:「サイドショー」: カリフォルニア州オークランドのすごく無法地帯な映像 -

 

Los Angeles / 治安の良さ(推定):55%

ロサンゼルス市の犯罪発生件数は継続した減少傾向を維持しています。殺人事件のみ前年より0.3%増加しており、その他の凶悪事件(強姦、暴行傷害及び強盗)や財物犯罪(窃盗、自動車盗、侵入盗、車上荒らし)は減少しています。顕著に増加している犯罪は報告されていませんが殺人、強盗に関しては減少率が停滞してきています。昨年減少率の大きかった強姦は、例年以上の減少で19.9%減を示しており、これは警察官の巡回パトロール強化が影響しているものとされています。他方、犯罪は減少傾向を継続していますが、昨年に発生した件数をみれば、凶悪犯罪は19,805件、財物犯罪は84,410件に上り、日本と比べ依然高い数値であり、一昨年の世界的な経済危機から、失業率の増加や経済の停滞により、特に経済的動機を持つ犯罪が広範囲に増加する懸念は依然払拭できない状況にあります。

 引用:外務省 海外安全ホームページ|安全の手引き 在ロサンゼルス日本国総領事館

 

San Diego / 治安の良さ(推定):75%

 サンディエゴは2012年の統計結果から、全米主要都市の内で7番目に治安が良い街として発表されるほど、市街地は大都市の中でも比較的夜遅くまで地元の人や観光客で賑わっていて、心配されるほど観光客の方が自由に散策されてもトラブルに巻き込まれることも少なく、快適かつ楽める街です。

引用:H.I.S. サンディエゴ 基本情報・気候

 

調べれば調べるほど行きたくもないわ。

ぬるま湯に浸って生きていきたいので。

しかしながら、行くとしたらサンディエゴ辺りなら行けるかなぁ。

都市によっては公式な情報が少ないので、ちょっと信憑性は薄いが。

 

異常なほどダウナーな気分になってしまったので、今日はRadioheadをはっつけよう。「Exit Music」さらにダウナー。


Radiohead ~ Exit Music (For a Film) - YouTube

現在の行きたい率:10%