変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2017年に観た新作映画で記憶に残っているもの

2017年公開の新作映画の中で好きな映画、記憶に残っている映画についてパラパラと。

 

特に意識はしていなかったけれど、記憶に残っている映画といえば『ローサは密告された』と『立ち去った女』がすぐに思い起こされた。


カンヌ主演女優賞受賞、フィリピン麻薬戦争の暗部描く「ローサは密告された」dvd化


『立ち去った女』予告編 Japan Official Trailer

 

そしてどちらもフィリピン映画だった。

今まで、1年を振り返ってフィリピン映画2本を思い出すって事は多分なかったと思う。

しかし、結構どちらも鮮烈な印象だったんですよね。

2本とも暗いし犯罪がらみの話だしジメジメしてるんだけど、面白い。

フィリピンの政治的な情勢がそうさせているのだろうか。

何か鬱屈した雰囲気を感じずにはいられない。

とてつもないエネルギーが内包された、湿度の高いジメジメ系映画だった。

 

で、2017年公開作品として忘れちゃならないのが『ELLE エル』、こちらですよ!


『エル ELLE』 本予告 8月25日(金)公開

イザベル・ユッペールが!最高のやつですよ!!

好きなもので、すみませんね。 

しかし期待を裏切らない最高にかっこいい映画。

この時代において!

イザベル・ユペールが最強という映画を作ったポール・ヴァーホーベンは本当にえらい。

本当にえらい!!

 

あとは地味に『メッセージ』が良かったなーと。


アカデミー賞8部門ノミネート 映画『メッセージ』予告編

非常に染みた。

悲しい結末を知っていたとしても、それでも愛おしい瞬間を求めてしまうのですね、人間は。

人間は欲深く、悲しいが、愛さずにはいられない。

心が洗われてしまう。

 

あとは『ベイビー・ドライバー』『ワンダーウーマン』『新感染 ファイナル・エクスプレス』辺りが爽快感あって楽しくてめっちゃ好きな映画でした。

これらはBlu-ray買って布教したい。

 

『ケイト・プレイズ・クリスティーン』なんかも非常に面白かったしできる事なら再見したく、『パターソン』もお休みの日にゆっくり家で観たい作品になった。

 

まぁそんな感じです。

9本か。

それ以外にもいっぱい面白い映画はありましたけどもね。

あと個人的には旧作ですがアテネフランセで観た『死者からの手紙』がすごく良かった。


Письма мертвого человека трейлер

去年観た新作・旧作を合わせてベスト3に入るくらい面白かった。

再見できないのが悲しい。

これが映画。

 

切ない。

 

今年も頑張って観よー(アテネにはなかなか行けそうにないが)。

 

では、また。

2017年に読んだ本36冊覚書

 ひとまず、2017年に読んだ書籍(漫画・雑誌・ムックは除く)は以下の通りです。

1月

1冊

 

2月

2冊


3月

  • 写真論 スーザン・ソンタグ
  • ゾンビ論 (映画秘宝セレクション) 伊東 美和,山崎 圭司,中原 昌也
  • バッドエンドの誘惑~なぜ人は厭な映画を観たいと思うのか~ (映画秘宝セレクション) 真魚 八重子
  • 映画系女子がゆく! 真魚 八重子

4冊

4月

  • LGBTを読みとく: クィア・スタディーズ入門 (ちくま新書1242) 森山 至貴
  • 暗黒ディズニー入門 (コア新書) 高橋 ヨシキ

2冊

5月

  • クリムゾン・ピーク (扶桑社ミステリー) ナンシー・ホルダー
  • いま世界の哲学者が考えていること 岡本 裕一朗
  • トラウマ恋愛映画入門 町山 智浩
  • 暗黒映画評論 続悪魔が憐れむ歌 高橋 ヨシキ
  • 夜の光 志賀直哉

5冊

6月

  • 失楽園 上 (岩波文庫 赤 206-2) ミルトン
  • 病める薔薇 佐藤春夫
  • 自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7 (中公文庫) 町田 康
  • 映画とは何か: フランス映画思想史 (筑摩選書) 三浦 哲哉

4冊

7月

6冊

8月

1冊

9月

2冊

10月

2冊

11月

  • 1Q84 BOOK 1 村上 春樹
  • 暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン ティモシー・スナイダー,Timothy Snyder
  • スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302) カート・ヴォネガット・ジュニア
  • 1Q84 BOOK 2 村上 春樹
  • プリズン・ブック・クラブ--コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年 アン ウォームズリー

5冊

12月

  • ギケイキ:千年の流転 町田 康
  • Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法 リー・ギャラガ

2冊

 

以上36冊

 

ちょうど月3冊か。
一昨年が40冊だったのでさすがに少ない印象。
小説を読み込む時間を確保していなかった。
ビジネス書籍を読み続けるとどうもサッと読みが癖になってしまって良くない。
ゆっくり小説を読む時間も確保できると良い。

あとはハンナ・アーレントの書籍を1冊も読んでないのがあかん。
100分de名著の特集冊子しか読んでない(ムックだからカウントできない)。
なので今年はアーレントを読んでみる。
てか、買っておこう。
ソンタグの本はだいぶ読めたので、年内には著作を完読できるかも。
絶版になっているやつ以外ということになるけども。

 

そして最大の目標は今年は100冊読む。
と、いうことは月8冊以上ってことになるなー。
本の種類によってはいけそう。

ま、がんばろ。

 

では、また。

2017年12月に観た映画8本

もう、去年になってしまった12月。

色々と仕事を変えてみたり、引越ししてみたりしながら観ました。

ちょい本数少なかったなー。

 

【劇場新作】
ローガン・ラッキー
ノクターナル・アニマルズ
サーミの血
ジャスティス・リーグ
スター・ウォーズ 最後ジェダイ

5本

 

【劇場旧作】

ヘヴンズストーリー

ホドロフスキーの虹泥棒
エル・トポ
3本

 

こんな感じやった。

ホドロフスキーも全然観れなかったし、消化不良の年末。

しかし映画納めがスターウォーズだったので景気の良い感じで納められましたけどね。

 

今年2018年、頑張って観たいです。

2017年11月に観た映画9本

12月っ
年末っ
テンション上がるっ

しかし今年は新作100本丁度にしようと思っていたけれど、超えてしまいそうで若干ダウナーな気持ちもある。
切りをよくしたいが…悩む…

そんな悩みを抱えつつ観た映画は以下の通りです。

【劇場/新作】

計5本

【劇場/旧作】

計4本

また『悪魔のいけにえ』を観ていたのか…ここ数年でけっこー見返していると思う。
いや、しかし今回は爆音上映で観たんですよねっ。

まじ最高。

f:id:nnnnotfound:20171205162858j:plain

ラストのチェンソー振り回しダンス、かっこええ~!

ってなります。

また、『グロリア』も恥ずかしながら初見だったのですがめっさ良かったわ。
めっさ良かったわ!!!
ジョン・カサヴェテスの撮るジーナ・ローランズ最高っすわ!!!

f:id:nnnnotfound:20171205163037j:plain

やっぱ、ハードボイルドな女はいい。

最近の映画の良くないところはすぐウェットな方向に走るところかな、と思っているわけなんですけど。
感動の押し売りっていうかね。

でも本作はそういうところが全くない。
クールでドライ。
アサヒスーパードライかってくらい辛口。
中年女性と少年の逃避行なのにですよ。
ハードボイルドなんですよ!

その突き放した距離感が逆に観る者の胸を熱くさせるわけです。
これが映画、これぞ映画!

というね。

 

旧作の話ばっかしてますが、新作の方も良かったです。
ラヴ・ディアス監督作『立ち去った女』とかね。

4時間くらいあるんでやんの。
なっがいの。
でもずっと観てられる。

長い映画ってだいたい面白いのは何故なのだろう。

 

そんなことを考えていたら、11月が終わっていました。

 

では、また。

2017年10月に観た映画10本

一気に寒くなってようやく頭がハッキリしてきた感ある。

暖かいと眠くなるし暑いとやる気がなくなる。

そろそろ年末だし(?)、最高だし。

そんな感じで、10月に観た映画まとめだし。

 

リバイバル上映

 

新作

計10本

 

別に10月だったから10本という訳では…

にしても、デヴィッド・リンチ作品が2本しか観れなかったというのは手痛いです。

失格ですわ。

つらい。

マルホランド・ドライブインランド・エンパイアも観れなかったっ!

ロスト・ハイウェイ最高だったから、きっとそれ以外も最高だっただろうなぁと。

ツインピークスの劇場版は、こんな話だっけ?とキツネにつままれたような気持ちになりました。

 

そしてブレランファイナルカットを初めて観た。

めっちゃキレイで動揺した。

いい映画でした。

知ってるか。

 

あとは、なんと言ってもね、『アトミック・ブロンド』ですよ!!!

最高だった。

やっぱシャーリーズ・セロンは強い。

マッドマックスの時も思ったけれど、男にボコボコに殴られても可哀想に見えないのがスゴイと思うし、ちゃんと強そうに見えるのがスゴイ。

ジーナ・カラーノ(『エージェント・マロリー』の主人公)より強そうだしオルガ・カーカリナ(『キック・アス』のマザー・ロシア)と戦っても勝てますぜ!!!

そしてちゃんとボロボロになってダメージを負いながら戦うのがとってもええやないですか。
美しい顔面を血だらけにしながら戦うってカッコイイですやん。

それだけでなく後頭部まで血まみれだったのとかね、イイヨー、すごくイイ。

 

と、そんなこんなで10月が終わりましたよね。

11月もアトミック・ブロンド観ます!

 

ではまた。

2017年9月に観た映画

10月。

とうとう寒さを感じられる季節がやってきて本当に嬉しいことです。

わくわく。

ひとまず9月に観たヤツをまとめよう。

新作

計10本

リバイバル上映

 1本

 

と、まぁこのような感じ。

9月も良い映画を観たね。
1番良かったのは『アンダーグラウンド 完全版』を観れたことか。
長かったけど。
半日かかりました。
なにせ5時間14分ですからね、腰にきます。

しかし良い思い出になりました。
完全版もblu-ray出るかな。
出たらいいな。


また、新作では『新感染』がもう最高でしたね。
マ・ドンソクさんが超カッコイイ。
物語中盤の、ゾンビに殴り込みを掛けるあのシーン。
血がたぎります。
いまだかつてゾンビに対してあのように立ち向かう人々を描いた作品があっただろうか?
いや、ない。
ないね!!!
あのシークエンスだけで5億点差し上げたい。
あげる。

 

まぁそれ以外にも面白い映画盛りだくさんでしたが、思いのほか良かったのは『パターソン』。
ジム・ジャームッシュ作品はそりゃ好きですが、そこまで期待せずに、ダウナーな感じで観た。
それがしみじみと良かった。
しみじみと、しみる。
しじみ。

2回観た。
しじみ。

 

ではまた。

秋の夜長に読みたい本

今週のお題「読書の秋」

お題とかやったことなかったけどふと思い出したことがある。

サミュエル・フラー自伝「わたしはいかに書き、闘い、映画をつくってきたか」

を、読まなければ。

買って最初の方だけ読んで積読していたのを思い出した。

しかし、あの本784ページあるんですよね。

煉瓦より分厚く、重く、凶器のような重厚さなので持ち歩けない。

だから家で読むしかない。

秋の夜長に読んでしまいたい。

そんなふうに、思った。

 

 

サミュエル・フラー自伝 ?わたしはいかに書き、闘い、映画をつくってきたか?

サミュエル・フラー自伝 ?わたしはいかに書き、闘い、映画をつくってきたか?