変な映画が観たい

しがないWEBデザイナーです。映画と音楽とデザイン関連のこと適度に適当に書きとめます。

2018年5月に観た映画4本

まただよ!
また今月4本!
子どもかっ、と、思ってしまうとか、しまわないとか。

まーいいんですけど、そういう年もある。
と言うことで、5月に観た映画は以下の通りです。

リバイバル上映
新作
  • 心と体と

計4本

 

『心と体と』

食肉加工場を舞台にした男女の恋の物語な訳ですが、合間合間に牛の屠殺や解体シーンが入り込んでくるという、「どー見たらええねん」と、謎の気持ちにさせられるおかしな作品でした。

ハンガリーの映画監督って、変な人しかいないのだろうか?
とても良いと思いますが!

そいえば『ホワイト・ゴッド』というハンガリー映画にも牛の食肉加工シーンがあったような気がします。

中央ヨーロッパでは牛の皮剥がブームなのでしょうか。
ハンガリーのお隣の国、オーストリアのウルリヒ・ザイドルは『サファリ』でキリンの解体シーンをふんだんに使っていたし、何かそういう問題提起ムーブメントでもあるのかな。

 

また、同じ鹿の夢を見る男女、ってことですけど、鹿といえば『聖なる鹿殺し』。
いや、鹿ブームだったの?
何なの?

謎が多いです。

 

イカリエ - XB1』

面白かった。
ちょっと『皆殺しの天使』感あった。
何よりビジュアルが最高なんですが、これ。
宇宙服のシューズのソール部分がね、踏み込むたびにピカリンと光る。
子供が履く運動靴みたいなんすけど、けど、おっしゃれー、なんだよねぇ。
ようこんな時代にここまでやりましたね!
ほんとチェコスロバキア映画って、どうしてこうもこうなのか!スキ!

 

で、渋谷のアップリンクではハル・ハートリー特集やってたんで、行きますよね。
『フェイ・グリム』と『ネッド・ライフル』。

まだ観る予定なので、これについてはまた今度。

 

では、また。

2018年4月に観た映画4本

4月はね、

 

の新作4本のみでした。

通常の半分以下で運営しております。

しんどー。

 

ということで、簡単な感想くらいは残そう。

 

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

『ブレック・ファスト・クラブ』と比較されていると耳にしていましたが、確かに導入部分や登場人物の関係性の変化をみると、確かにそんな感じ。

しかしそれ以上に清々しい気持ちになれる映画でした。

何と言ってもドウェイン・ジョンソンのキメ顔に効果音つけたやつ、エライぞ。

ようやった。

 

ワンダーストラック

とにかく70年代の街並みを完全再現したセットは異常なくらい凄かった。

ドアガラスの傷ひとつ取っても、道に落ちているチリひとつ取っても計算しつくしている。

計算されたゴミって一体なんなんだ。

なんかもう、病的だなと思えるくらい緻密。

そして緻密といったらジオラマもとんでもねぇのね。

やはり、普通じゃないこだわり方で、良き。

あとね、ジュリアン・ムーアはいつ観てもいいよねぇ。

 

パシフィック・リム アップライジング』

前作の良いところが全てなかったことにされてて、観ててつらい。

まぁその無茶な感じが良い、という人もいるでしょうけどね。

しかし別物を見ているとしか思えなかった。

「ド派手なことヤローぜ!」という意気込みは感じたが、ロボや怪獣に対しての愛があるかと言えば、それはどうなんでしょうね。

デルトロはそれらに対する異常な偏愛ぶりが垣間見えて「それそれー!」となるんだけれど、なかなか今回の作品はロボや怪獣に対する「愛」という共通言語がなかったように感じました。

「お前の言うてることはわからん」と、心の中で叫びました。

まぁ、デルトロさんは本作を断念して『シェイプ~』を作ってくれて良かったなと。

今はそれだけです。

 

『レディ・プレイヤー1』

絶賛の嵐なので心して観た。

まぁやっぱおもろいっすよね。

映画館で観るのが良い。

でもこんなにもド派手で景気の良い作品にも関わらず、記憶に残っているのはマーク・ライランスサイモン・ペッグのちょっとしたやり取りです。

もうね、彼らの表情のひとつひとつが記憶に刻み込まれる。

スピルバーグさんはマーク・ライランスめっちゃ好きなんだろね。信頼してるよね。

イイ!!

 

てな感じで、もう5月も半ばです。

今月は、まだ映画観てないんすよ。

あーあ。

 

ではまた。

2018年1月から3月にかけて鑑賞した映画24本

今年に入ってからまとめ書けないでいました。
今年も書きたい。
3ヶ月分まとめ。
よろしくお願いします。

1月

リバイバル上映作

  • 砂漠のシモン
  • アンダルシアの犬
  • ビリディアナ
  • 皆殺しの天使
  • 早春

5本

新作

6本

計11本

 

2月

リバイバル上映

1本

新作

5本

計6本

 

3月

リバイバル上映

  • 太陽
  • バーフバリ 伝説誕生

新作

5本

計7本

 

去年に比べてぜんぜん観てない。
なんということでしょう。

都内から少しばかり離れた地域へ引っ越したため、映画館が遠のいたのです。

つらみ。

映画を観るのに千代田区は最高だったなぁ。

お前の事情なんぞ知るかという感じかもしれませんが、まぁそんなこんなで、こんなです。

 

よかった映画のさわりを書き起こしておくと、1月はブニュエルの『皆殺しの天使』ですかね。

意味はよく分からなかったように思います。

意味が分からなくても映画は面白い。

 

2月は韓国映画『悪女』。

韓国はすごいね、なんつーか、新しいモノを作るという意識、意気込み、そして資金、といった諸々がホンイキですよね。

血みどろ加減もすさまじいですよね、めっさ楽しかったわー。

 

3月は『バーフバリ』、と言いたいところですが、『シェイプ・オブ・ウォーター』ですかねぇ、やはり。

素晴らしすぎて吐きそうになった。

込み上げてくるものがあり、吐き気に変わったよね、ホントどうしようもないですね。

サリー・ホーキンスがめっちゃかわいくて最高なんですよね。

f:id:nnnnotfound:20180403234944j:image

本当にもう、サリー・ホーキンスを念頭に作ったデルトロさんには、ありがとうとしか言えない。

今まで以上に貢ごうと思った。

とりあえず資料集買いましたし、Blu-rayも買います。

これで今年1年元気でやっていけそうです。

 

ギレルモ・デル・トロのシェイプ・オブ・ウォーター 混沌の時代に贈るおとぎ話

ギレルモ・デル・トロのシェイプ・オブ・ウォーター 混沌の時代に贈るおとぎ話

 

 

 

2017年に観た新作映画で記憶に残っているもの

2017年公開の新作映画の中で好きな映画、記憶に残っている映画についてパラパラと。

 

特に意識はしていなかったけれど、記憶に残っている映画といえば『ローサは密告された』と『立ち去った女』がすぐに思い起こされた。


カンヌ主演女優賞受賞、フィリピン麻薬戦争の暗部描く「ローサは密告された」dvd化


『立ち去った女』予告編 Japan Official Trailer

 

そしてどちらもフィリピン映画だった。

今まで、1年を振り返ってフィリピン映画2本を思い出すって事は多分なかったと思う。

しかし、結構どちらも鮮烈な印象だったんですよね。

2本とも暗いし犯罪がらみの話だしジメジメしてるんだけど、面白い。

フィリピンの政治的な情勢がそうさせているのだろうか。

何か鬱屈した雰囲気を感じずにはいられない。

とてつもないエネルギーが内包された、湿度の高いジメジメ系映画だった。

 

で、2017年公開作品として忘れちゃならないのが『ELLE エル』、こちらですよ!


『エル ELLE』 本予告 8月25日(金)公開

イザベル・ユッペールが!最高のやつですよ!!

好きなもので、すみませんね。 

しかし期待を裏切らない最高にかっこいい映画。

この時代において!

イザベル・ユペールが最強という映画を作ったポール・ヴァーホーベンは本当にえらい。

本当にえらい!!

 

あとは地味に『メッセージ』が良かったなーと。


アカデミー賞8部門ノミネート 映画『メッセージ』予告編

非常に染みた。

悲しい結末を知っていたとしても、それでも愛おしい瞬間を求めてしまうのですね、人間は。

人間は欲深く、悲しいが、愛さずにはいられない。

心が洗われてしまう。

 

あとは『ベイビー・ドライバー』『ワンダーウーマン』『新感染 ファイナル・エクスプレス』辺りが爽快感あって楽しくてめっちゃ好きな映画でした。

これらはBlu-ray買って布教したい。

 

『ケイト・プレイズ・クリスティーン』なんかも非常に面白かったしできる事なら再見したく、『パターソン』もお休みの日にゆっくり家で観たい作品になった。

 

まぁそんな感じです。

9本か。

それ以外にもいっぱい面白い映画はありましたけどもね。

あと個人的には旧作ですがアテネフランセで観た『死者からの手紙』がすごく良かった。


Письма мертвого человека трейлер

去年観た新作・旧作を合わせてベスト3に入るくらい面白かった。

再見できないのが悲しい。

これが映画。

 

切ない。

 

今年も頑張って観よー(アテネにはなかなか行けそうにないが)。

 

では、また。

2017年に読んだ本36冊覚書

 ひとまず、2017年に読んだ書籍(漫画・雑誌・ムックは除く)は以下の通りです。

1月

1冊

 

2月

2冊


3月

  • 写真論 スーザン・ソンタグ
  • ゾンビ論 (映画秘宝セレクション) 伊東 美和,山崎 圭司,中原 昌也
  • バッドエンドの誘惑~なぜ人は厭な映画を観たいと思うのか~ (映画秘宝セレクション) 真魚 八重子
  • 映画系女子がゆく! 真魚 八重子

4冊

4月

  • LGBTを読みとく: クィア・スタディーズ入門 (ちくま新書1242) 森山 至貴
  • 暗黒ディズニー入門 (コア新書) 高橋 ヨシキ

2冊

5月

  • クリムゾン・ピーク (扶桑社ミステリー) ナンシー・ホルダー
  • いま世界の哲学者が考えていること 岡本 裕一朗
  • トラウマ恋愛映画入門 町山 智浩
  • 暗黒映画評論 続悪魔が憐れむ歌 高橋 ヨシキ
  • 夜の光 志賀直哉

5冊

6月

  • 失楽園 上 (岩波文庫 赤 206-2) ミルトン
  • 病める薔薇 佐藤春夫
  • 自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7 (中公文庫) 町田 康
  • 映画とは何か: フランス映画思想史 (筑摩選書) 三浦 哲哉

4冊

7月

6冊

8月

1冊

9月

2冊

10月

2冊

11月

  • 1Q84 BOOK 1 村上 春樹
  • 暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン ティモシー・スナイダー,Timothy Snyder
  • スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302) カート・ヴォネガット・ジュニア
  • 1Q84 BOOK 2 村上 春樹
  • プリズン・ブック・クラブ--コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年 アン ウォームズリー

5冊

12月

  • ギケイキ:千年の流転 町田 康
  • Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法 リー・ギャラガ

2冊

 

以上36冊

 

ちょうど月3冊か。
一昨年が40冊だったのでさすがに少ない印象。
小説を読み込む時間を確保していなかった。
ビジネス書籍を読み続けるとどうもサッと読みが癖になってしまって良くない。
ゆっくり小説を読む時間も確保できると良い。

あとはハンナ・アーレントの書籍を1冊も読んでないのがあかん。
100分de名著の特集冊子しか読んでない(ムックだからカウントできない)。
なので今年はアーレントを読んでみる。
てか、買っておこう。
ソンタグの本はだいぶ読めたので、年内には著作を完読できるかも。
絶版になっているやつ以外ということになるけども。

 

そして最大の目標は今年は100冊読む。
と、いうことは月8冊以上ってことになるなー。
本の種類によってはいけそう。

ま、がんばろ。

 

では、また。

2017年12月に観た映画8本

もう、去年になってしまった12月。

色々と仕事を変えてみたり、引越ししてみたりしながら観ました。

ちょい本数少なかったなー。

 

【劇場新作】
ローガン・ラッキー
ノクターナル・アニマルズ
サーミの血
ジャスティス・リーグ
スター・ウォーズ 最後ジェダイ

5本

 

【劇場旧作】

ヘヴンズストーリー

ホドロフスキーの虹泥棒
エル・トポ
3本

 

こんな感じやった。

ホドロフスキーも全然観れなかったし、消化不良の年末。

しかし映画納めがスターウォーズだったので景気の良い感じで納められましたけどね。

 

今年2018年、頑張って観たいです。

2017年11月に観た映画9本

12月っ
年末っ
テンション上がるっ

しかし今年は新作100本丁度にしようと思っていたけれど、超えてしまいそうで若干ダウナーな気持ちもある。
切りをよくしたいが…悩む…

そんな悩みを抱えつつ観た映画は以下の通りです。

【劇場/新作】

計5本

【劇場/旧作】

計4本

また『悪魔のいけにえ』を観ていたのか…ここ数年でけっこー見返していると思う。
いや、しかし今回は爆音上映で観たんですよねっ。

まじ最高。

f:id:nnnnotfound:20171205162858j:plain

ラストのチェンソー振り回しダンス、かっこええ~!

ってなります。

また、『グロリア』も恥ずかしながら初見だったのですがめっさ良かったわ。
めっさ良かったわ!!!
ジョン・カサヴェテスの撮るジーナ・ローランズ最高っすわ!!!

f:id:nnnnotfound:20171205163037j:plain

やっぱ、ハードボイルドな女はいい。

最近の映画の良くないところはすぐウェットな方向に走るところかな、と思っているわけなんですけど。
感動の押し売りっていうかね。

でも本作はそういうところが全くない。
クールでドライ。
アサヒスーパードライかってくらい辛口。
中年女性と少年の逃避行なのにですよ。
ハードボイルドなんですよ!

その突き放した距離感が逆に観る者の胸を熱くさせるわけです。
これが映画、これぞ映画!

というね。

 

旧作の話ばっかしてますが、新作の方も良かったです。
ラヴ・ディアス監督作『立ち去った女』とかね。

4時間くらいあるんでやんの。
なっがいの。
でもずっと観てられる。

長い映画ってだいたい面白いのは何故なのだろう。

 

そんなことを考えていたら、11月が終わっていました。

 

では、また。